経理として転職しました

私は高校卒業後、小さな会計事務所に勤めていました。 そこでの仕事は特に資格は必要なかったのですが、周りの大学卒の人たちは会計士目指して勉強していました。 試験に合格すれば給与にも反映されます。

そんな周りを見ているうちに私も資格が欲しくなりなり、勉強を始めました。 まずは日商簿記検定1級取得を目指しました。 2級は高校在学中に持っていたので、レベルは上がりましたが、そんなに苦労はしませんでした。

次に、税理士を目指しました。 最初はお金もなかったし、独学です。 税理士試験は年に一回しかありませんが、一度に5科目合格する必要はありません。 ですので数年かかってもいい、一科目ずつ合格することを目標にしました。 ただ、そんなに甘いものではありませんでした。 まずは簿記論から取り掛かりましたが、とても独学でこなせるような範囲・量ではなく、ちゃんと学校に通って勉強することにしました。 料金のことを考えると、通信講座がいいのですが、 一から勉強するには不安の方が大きくて、駅近くの専門学校に通うことにしました。 ここでは講師の先生が丁寧に指導してくれます。

会社の人たちも応援してくれ、仕事帰りに毎日通って必死で勉強しました。 一度目の試験。結果は不合格です。 それが悔しくて悔しくて・・。 過去問を何度も何度も解き、他校の模試などにも申し込んでもう一年必死で勉強し、翌年には合格できました。

次は財務諸表論に取り掛かりました。 こちらもボリュームのある科目で、一年で合格は無理かな・・と弱気になっていた時です。 勤めていた会計事務所の所長が亡くなり、事務所は閉業することになりました。

会計士目指して勉強していた人たちは会計事務所への転職活動をしていました。 私もこのまま勉強を続けるために会計事務所へ転職しようかと考えたのですが、 よく考えると、試験に合格するためだけに勉強しているような気がして・・・・。 せっかくの転職できるチャンスなので、今までの仕事の経験を活かしつつ、自分の憧れの業界で仕事をしたいと思いました。

その業界とは、建築業界です。 私は設計などはできませんが、家の間取りを見たり、建築物を見て回るのが大好きです。 最初の就職活動の時は、この業界からの募集がなかったので無理でしたが、今回は運のいいことに経理の募集があったので応募しました。

その会社の経理が使っている会計ソフトは私が今まで使っていたものとは違いましたが、 私が簿記論に合格していること、現在、財務諸表論の勉強をしていることで、仕事に対する向上心が認められるということで高評価でした。

正直、これらの科目に合格しただけでは仕事にすぐには役立ちません。 税理士も、試験にただ合格しただけでは評価されず、数年の実務経験がないと評価されません。 ただ、一つでも合格科目があれば、他の転職希望者の人より格段に有利になるそうです。

実は面接のとき、面接官から、科目合格だけでは意味がないね、と言われ、これは不合格だなと落ち込んでいました。 あとで人事の方に聞いたら、他に採用候補者がいたけど、私に決まった決めては、この合格科目だったそうです。 科目合格にもちゃんと意味があったのです。

転職してからは、会社からの希望で社会保険労務士の資格取得を目指して勉強中です。 最初は戸惑いましたが、仕事上あると便利な資格ですし、経済的な面でも会社の補助があるので助かっています。 友人の話を聞くと、この資格も転職時はかなり有利になるそうです。 今はまだ転職のことは考えていませんが、いつかまた役に立つかもしれないと思い、がんばっています。 ただ今は経理の仕事が面白くこのまま続けたいと思っているので、中小企業診断士の資格取得も視野に入れています。