日商簿記二級の資格で経験がなくても転職に成功

高校は商業関係の学校に通っていました。中学生の頃から漠然と事務の仕事に就きたいと思っていましたが、高校で簿記やマーケティングなどを学んだ中で、お金の流れを記録して会社を数字面から把握し、経営をバックアップしていく簿記の面白さ、大切さに気付き、私のやりたかった仕事はお金を扱う仕事だと認識しました。

授業の一環として全商簿記の二級を取得し、そのあとに自主的に一級を卒業までに取得しました。 高校の簿記の先生の話を聞いたところ、経理の仕事には日本商工会議所主催の簿記検定二級を持っていると良いと聞いて、在学中に放課後に残り、簿記の先生に教わりながら二度試験に挑戦しましたが、落ちてしまいました。 高校卒業後は地元での就職を希望していて、経理の仕事か、銀行の就職先を探しましたが、なかなか希望と合う就職先が見つからず、周りの友達が次々と仕事を決めている中で焦りもあり、一般事務と書かれている求人に飛びついてしまいました。 一部上場企業のとても良い会社でした。しかし、高校生の私には一般事務と言っても業種や部署によって同じ事務でも仕事内容が全く違うということに、就職してから気付きました。

港湾運送を取り扱う会社で私が配属されたのは、倉庫課でした。倉庫事務も預かっている荷物の出し入れを記帳していくので、現金の出し入れを記録する簿記とつながるところがあってやりがいがあったのですが、やはりお金にかかわる仕事がしたいと強く思い始めました。

転職をしようと決意した時に、高校の先生が言っていた日商二級をもう一度挑戦しようと思いました。 卒業から三年が経ち、その間簿記から離れていたので基本からわすれかけていましたので、初めは図書館で挿絵が多くて読みやすい、簿記の入門書を借りてきておさらいしました。 感覚を取り戻してから、試験対策として過去問を購入して、ひたすら繰り返し解いていきました。 試算表、損益計算書、貸借対照表、工業簿記等は過去問の数をこなすうちに、苦手だったのが逆に得意になっていました。 資格を再度取ろうと決意してから、一回で取得することができました。

日商簿記二級を合格してから、勤めていた会社に「経理の仕事がしたいので」と退職願いを出しました。 今度は絶対に資格を生かしたいと思い、転職先を探すときは、求人票の資格欄に「簿記」と記載されているところを受けようと考えていました。 次に勤務するところは長く勤めたいと思っていたので、慎重にさがしていました。 そこで日商簿記三級必須と書かれた求人を職安で紹介されました。しかし、「経理経験者」とも書かれていました。 経理の経験はありませんが、簿記は日商二級を持っています。とアピールして何とか面接してもらう事になりました。

面接では今までどのような仕事をしてきたのかを聞かれました。 そして、経理の仕事をしてもらう予定だけれど、もしかしたらこの先、業務の内容によって違う事務の仕事をしてもらうことになるかも知れないけれど、それでも勤め続けていけるかとも聞かれ、それはもちろん大丈夫ですと答えました。 経験がなかったのでダメかもしれないと思っていましたが、晴れて転職に成功しました。 日商簿記二級の資格が役に立った瞬間でした。

転職後は念願の経理の仕事をすることができました。 勤めることになった会社は営業所だったので、最終的な決算書などは本店で取りまとめていたので、少し物足りない気もしましたが、帳簿をつけたり、手形や小切手を扱ったり、銀行周りをしたりと、少しでも自分の知識を生かすことができて、充実した毎日を過ごしています。 何度か不合格になりましたが、あの時にあきらめずに挑戦して良かったと、心から思います。